教え方について、感想をいただきました

   2018/01/06

クリスマスイブ前日の23日の祝日に私が教えている新代田の教室で宅飲み忘年会。笹塚にお住まいのTさんのお宅で行いました。持ち寄りと言いつつも、私はお気に入りの薬草酒(シャルトリューズ)を持参しただけなので、みなさんに全てお任せ。ベテラン主婦の集まりなので下手なお店よりもかなり美味しいです♪

色々とお話をしましたが、2016年7月からの半年間における私の教え方について、たくさんの感想を頂きました。

まず歩き方の練習などで型を修正する際、一人の学生さんに集中しすぎないで全員に均等に話しかけているとのこと。先生によっては特定の学生さんに多く時間をかけてしまう傾向があって、他の人があまり見てもらえないという気持ちを持つことがあるけれども、それが私には無いということでした。

私からしたら当たり前のことだと思っているのですが、言われてみれば特定の人に多くの時間をかける先生も多いですね。「彼は若いから厳しくしたほうが伸びる」とか「彼女は基本が出来ていないからどうしても気になってしまう」という理由があるとは思いますが、私は一人だけに入り込まず「せっかく来られたのだから、みんな一言ずつはかけないと」という気持ちで同じぐらい話しかけるようにしておりました。

そして、私が教えているヒップ(骨盤)とウエスト(腰)を使い分ける歩き方で、色々な時にグラグラしなくなったそうです。確かに右蹬脚と転身左蹬脚で揺れているのを見かけなくなった気がします。私の教え方はある流派の考え方を取り入れているもので、そのメリットが学生さん達に現れてきたと思うとかなり嬉しいことですね。

私が学んだことが、学生さん達の成長に生かされている…今までよりも大きく前進できたというのは嬉しいですね。私自身の太極拳の励みにもなりました。

このようなありがたい学生さん達と一緒に、私自身も成長し続けたいと気持ちを新たにしました。こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。

(↓ランキングに参加しております。何か伝わったと感じたらクリックしてくださると幸いです。よろしくお願いいたします。)
にほんブログ村 格闘技ブログ 太極拳へ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ